<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

二日続きのお花見

29,30日と二日続きのお花見に「声のかかるうちが花」と参加させてもらいました。
29日は突然、前日に声がかかり府中の大国魂神社の桜と競馬場付近の桜見物に行きました。
大国魂のしだれ桜は見事に咲いていました。
d0026187_22492524.jpg

30日はイチゴ先生と「火曜悠々」の仲間が、先生とマルウさんの案内で川越の桜を訪ねました。
お天気にも恵まれ、桜にも恵まれ、美味しいウナギも食べられ、最高のお花見でした。
相変わらずにぎやかで楽しい仲間です。(笑い転げる場面もありで…)
中院の桜を鳥が啄ばんでいました。
d0026187_22503653.jpg

喜多院の桜です。
d0026187_2253537.jpg

新河岸川の桜
d0026187_22554172.jpg

桜を眺めていると心が和み、幸せを感じます。今年も良い花見が出来ました。
イチゴ先生、マルウさん、火曜悠々のお仲間ありがとう!!
[PR]
by meymey13 | 2009-03-30 23:03

ベビーキルト制作中

私とは親子ほどの年の差なのですが、いろいろな価値観や考え方が共感できる大事な友人に、2月末待望の赤ちゃんが誕生しました。
何をお祝いにしようかと考えた末、心をこめてベビーキルトを作ることにしました。
d0026187_2271128.jpg

孫たちの時も作りましたが、
まずは図柄を考え、次に布選び、配置、サイズ・・・考えている時が一番楽しい時です。

キルトは表の縫い合わせが出来上って、全行程の3分の1が終わり、表と中に入れるキルト綿、裏布の3枚を合わせ、しつけをかけて3枚一緒に一針一針縫っていきます。
写真は縁の始末をして出来上がりと言う完成前のものです。
赤ちゃんの生まれたときの体重、誕生日、名前も縫い取りで入れてあります。
お昼寝布団にしたり、遊ぶときの敷物にしたりといろいろな使い方をします。一針一針縫っていますので洗濯機で洗っても大丈夫です。
出来上がりが楽しみで、針をもつ手に力が入ります。
[PR]
by meymey13 | 2009-03-27 22:17

桜が咲きました~~


木の芽、桜、咲き分けの桃、みんなみ~んな一緒に活動開始で~す。
d0026187_21255984.jpg

ついこの間まで硬かった蕾も今日は咲き始めていました。
d0026187_2129217.jpg

近くにある老人施設のお庭で咲いていました。少し盛りを過ぎていましたが、咲き分けの桃です。
d0026187_21342499.jpg


自然は目覚めるときをどうして知るのでしょうか?春は心を温かくしてくれます。
前使っていたカメラが壊れ、新しいカメラでの撮影になり、「ぶれ補正」が付いているにもかかわらず
相変わらずピンボケで~す。やはり、腕が悪い!みたいです。
d0026187_2139445.jpg
[PR]
by meymey13 | 2009-03-22 00:00

孫と井の頭動物園へ

幼稚園が春休みになり、退屈している孫を連れて、久しぶりに井の頭動物園を訪れました。お目当ては象の花子と抱っこが出来るモルモット、それにリスです。
d0026187_13465357.jpg

久しぶりに会う花子は元気に鼻を振り、おしりを振り、愛嬌をふりまいていましたがやはり「年だな~」と老いが感じられました。花子は人間なら100歳余り、もう少し頑張ってほしいと思います。
花子は戦後の混乱期に子供たちに贈られた大きな宝物でした。
あれから60年近く、井の頭に来てからは子供たちの友達、そして今、孫のお相手と私たち家族には大きな存在です。
花子とは親子3代のお付き合いです。
d0026187_13491695.jpg
モルモットはみんなくっつき合っていました。ボランティアの人が抱っこさせてくれますが、孫はこわごわソッと背中をなで、感触を確かめていました。

リスは小屋の中を走り回り、ものを食べる様子がかわいらしく、お気に入りです。

井の頭動物園はこじんまりしていて、小学校低学年ぐらいまでの子どもにはとても良い場所だと思います。
久しぶりに孫と一緒に過ごせた一日でした。
[PR]
by meymey13 | 2009-03-21 13:50

明日はひな祭り

明日はひな祭り、夏バテ~冬眠、ずいぶん長い間ご無沙汰しているうちに、
世界中がおかしくなってしまいました。
京都のお寺の仏像を盗んだ犯人は信仰心から…という言い訳ですが、
信仰心があるのなら、仏様を盗むことはしないでしょう。

日本も柱がぶらぶら状態では…白洲次郎みたいに骨のある人物はいないのでしょうか?
希望が持てる国になって欲しいと願っています。

2月15日友人に誘われ、阿佐ヶ谷教会のハンドベル演奏会に行ってきました。
素晴らしい音色と優雅な演奏に魅せられ、あっという間の3時間でした。
d0026187_2354721.jpg

解説によると、東洋の鉦は外側を打つことで音をだし、西洋のベルは内側を打つことで音を出すそうです。
ハンドベルもイギリスが発祥地ですが現在ではアメリカでも製造され、日本はアメリカ製のものが使われているそうです(ハンドルの部分の素材が違い演奏するテクニックが違うそうです)
d0026187_2393036.jpg

[PR]
by meymey13 | 2009-03-02 23:09